毎年小学2年生が7月6日に七夕会を開催しています。
事前に地域の方々と教員が、近くの里山で笹竹を切って準備します。
日本の伝統行事である七夕についてのいわれや、的形の七夕飾りについて地域の我々が児童に教えています。


七夕は7月7日に行われる星祭りですが、的形周辺地域は、旧暦の8月7日に七夕祭りを行ないます。2本の笹竹を立て、笹竹の間に細い竹を渡して、紙衣(七夕さんの着物)を竹に通し飾ります。これは子どもの初七夕に、七夕さんの着物を飾れば、その子が一生着る物に不自由しないと云われています。笹には願いごとを書いた5色の短冊(青・黄・赤・黒・白)や切り紙細工がさげられ、夜の祭りのため提灯に火を入れて七夕を祝いました。
笹飾りの手前には、小さな机の上に西瓜、カボチャ、キュウリ、トウモロコシ、ナスで作った牛(牛は彦星が飼っている牛に見立てる)、素麺(素麺は織姫の機織りの糸)、団子など置きました。小机の供えと別に実り始めた初物の野菜を供えます。2本の笹飾り(竹)の根元に初物の稲、さつま芋、大豆、里芋、ホオズキなど、葉や茎の部分を一対ずつ取ってきて束にして括りつけました。七夕さんは初物喰いと言われていましたが、秋の実りを天の2星、織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)に願う風習とも考えられます。たった一夜の2星のめぐり合いのために、心をつくして、七夕棚をこしらえ、星を祭る。提灯の明かりに浮かび上がる七夕飾りをうっとりながめ、華やいだ表情で空を見上げる七夕祭りでした。


短冊を作ります。今から短冊を止める紐「紙縒り(こより)」を渡します。
1    紐(こより)を2つに折って下さい、半分に折ります。
2 わっぱの方を通します。(短冊の穴に通す)
3 通ったら、紐の2本の方をわっぱの中に通し引っ張ります。


願い事を書いて下さい。思いの実現を願う内容や将来の夢を書きました。


願いごとを書いた短冊を地域の人に吊るしてもらいました。上がええのやな、上に吊るしてやろう。
自分で書いた短冊、自分の手で吊るす児童もいました。


今から紙衣を作ります。紙衣はハサミで切って作っていきます。先生の切り方を見て下さい。細かい所が何カ所かあります、まず、四方の黒い線を切っていきます。点線は切りません。


外の黒い線をハサミで一生懸命丁寧に切っていきました。地域の人の助けなく上手に黒い線を切り終えました。


紙衣の顔の部分。一番の難所です。「点線の所の三角、切れへんな~、どうやったら切れるか、そのまま切ったら、片方の三角線がないのに切ってしまい顔が無くなってしまう。先生のお手本通りに切ってみるよう。」


襟がある方が前です。色とりどりの千代紙の帯を差し込みます。


紙衣帯は裏側を糊で付けます。そこまで出来たら完成です。


教室の前の廊下に笹竹を中心に両側に紐が張られています。廊下には地域の人がいて紐に通してくれました。これで完成です。
この後個々で七夕飾りの「切り紙細工」を作成して飾り付けましょう。


的形ふるさと里山会

<的形ふるさと里山会>

平成22年4月26日登山道を修理した後の記念写真です。
的形は南に海が、東、西、北の三方が山に囲まれています。高さ100m前後の低い山々ですが、高齢化が進む町民には適度なトレッキングが楽しめる里山と思っています。
誰が名付けたか、「的形ふるさと里山回廊」と命名して、登山道の開拓と整備、休憩施設の設置等を計画中です。8月1日には、A2判の「登山マップ」を発行予定です。的形の名所・旧跡や見所も掲載しています。機会がありましたら、一度「まとがた」へ来て下さい。詳細情報は、順次報告させていただきます。
 尋ね合わせは、
  事務局:木原 079-254-3752

〒671-0111
姫路市的形町的形
TEL : 079-254-2068
FAX : 079-254-2068