中途失聴者や難聴者の耳がわりとなり、文字での情報保障をしています。
病院や市役所、懇談会などには ノートテークで、会議などにはスクリーンに文字を投影し、話声を文字で伝えます。