令和2年7月11日(土)、16時スタートのJRふれあいハイキング「湯立て神事/播磨国総社の暑気払い・夏祭りを楽しむ」の催行ですが、15時頃はかなりの本降り、10分前には雨で霞んでいました。
しかも今年は、新型コロナの影響で「湯立て神事」が17時からと繰り上がったため、これに合わせてコースも大幅に変更しました。
スタート時にはどうにか雨も止んだようで、参加されたお二人とキャッスルビューから、みゆき通り、おみぞ筋とアーケードや屋根のあるところを通りましたが、アーケードを出たところでは、雨も上がっていました。
木綿会所跡、切手会所跡を見て、総社門跡、鳥居先門跡をご案内してから播磨国総社に入り、いよいよメインの湯立て神事に参加します。
煮え立った忌湯を巫女さんが熊笹で四方に撒き飛ばしますが、この湯をかぶればその年は夏負けしないと言われています。歓声があがる中、何度も何度も熱湯を浴びましたので、神事に参加された皆さま、今年は夏負けせずに乗り越えることができるでしょう。
この後、内京口門跡、久長門跡を巡り、城見台公園で解散しました。
お客さまとサポートスタッフの皆さま、お疲れさまでした。
またのお越しをお待ちしています。
本日のご参加、ありがとうございました。


キャッスルビューにて。スタート時には、雨も上がったようです。


木綿会所跡と切手会所跡にて。

総社門跡にて。


巫女さんが力強く、何度も何度も忌湯を撒き飛ばします。熱湯をかぶり、びっしょり。


播磨国総社では、本殿の裏手に播磨国16郡174座の神々をお祀りしています。


内京口門跡にて。


中堀のヘリを北上。


久長門跡にて。


活動報告の記事一覧

姫路歴遊会

平成27年3月には世界遺産・姫路城のグランドオープンがあり、多くの観光客が見込まれています。また姫路には、お城以外にも書写山圓教寺、廣峯神社などたくさんの観光資源があります。私たち姫路歴遊会は観光客の皆さまに最高のおもてなしができるように、姫路の歴史や文化を様々な角度から学習しています。そして、平成27年1月には、私たちの観光ガイドを含めた活動が認められて、姫路市から「黒田官兵衛功労賞」を受賞しました。

〒670-0012
姫路市本町235番地 3F
TEL : 079-280-1296
FAX : 079-288-2146
https://ja-jp.facebook.com/pages/